社員満足度を推し量る

オフィス

ESはCSにつながる

最近、多くの会社がES調査に力を入れています。ES調査とは、一言で言えば従業員満足度調査の事です。ES調査という言葉は、顧客満足度調査のCS調査と対比して使われることが多いということです。企業の業績を伸ばすために、CS調査については結構行われてきました。しかし、顧客満足度を上げるためには、従業員満足度の上昇を図ることが求められるのです。最近では、ES調査とCS調査を並行して行う企業が殆どとなりました。従業員満足度が高いということは、社員のモチベーションが高く、企業の業績アップに寄与している現状がはっきりと証明されるようになったのです。それでは、従業員満足度を推し量るためにはどのような手順が必要でしょうか。ES調査は、社内調査では限界があります。調査の公平性、客観性を重視するためには、コンサルティング会社に委託する必要があります。コンサルに依頼した調査であれば、社員の本音を引き出しやすいと言われています。コンサルによるES調査は、匿名性が高い内容でありながら、社員の個人情報への紐づけも可能となっています。ES調査の後は、問題解決への分析を行うことが重要です。また、その分析結果を踏まえて、問題を抱えている社員へのアドバイスやバックアップをすることも重要です。全ての段階を踏めば、ざっと二千万円は下らない費用となりますが、企業の問題点を改善させるためには、なくてはならない調査と位置付けられています。