離職率や業績改善に向けて

オフィス

会社の魅力を高める為に

仕事の進捗状況や、人事評価が正当に行われているかなどを調べる従業員満足度調査についてご存じでしょうか。ES調査とも呼ばれ、正式には「Employee Satisfaction Survey」といいます。ES調査はコンサルティング業者やリサーチ会社によって行われることがほとんどで、基本的にはすべての社員が調査対象となります。ES調査の目的は様々ありますが「仕事内容や仕事量が適正であるか」「人事評価に満足しているか」「仕事のやりがいやモチベーションの高さ」などを数値化できるのは大きなメリットです。これらを知ることによって、人事評価や業務内容、業務量の見直しにつながり、会社にとっても仕事の効率化、業務の適正化、残業縮小を測ることもできるでしょう。社員にとってはこうした改善が図られることで仕事への愛着はもちろん、会社兵の信頼感も高まるため、相互の関係性をより良くする目的もあるのです。さらに、ES調査によって会社や業務のどのような部分に不満があるのかを知り、離職率の低下、採用率アップにつなげることも可能でしょう。さらに福利厚生や会社自体の風通しの良し悪しを知ることで、給与をそのままに社員のモチベーションがあがる可能性が高いといえます。会社に対して、社員からの評価を正しく知ることは、結果的に会社にとってさまざまな利益をもたらします。業績不振が続いている、離職率が高いといった不安要素の解決はもちろん、現在の業績を維持したいと言った場合にもES調査は大きなあしがかりとなることでしょう。