社員の満足度を図る

女性

重要な調査です

近年は企業はCS、つまり顧客満足度を重視しこれが企業の業績に結び付く重要な要素と言われています。顧客満足を上げる為には様々な手を企業施策とし考えますが、このCS以外に重要な要素と言われているのがESです。これは従業員満足度と呼ばれるもので、企業の根幹・資産は人であるという観点から企業価値を高める為にはこのESがポイントとなります。CSとESは密接に繋がっているともいわれています。このESがどの程度のものかを調査するのがES調査です。ES調査では会社の方針や職場、さらには上司に対する満足度を調査するもので、定量的なデータが手に入るといわれています。ES調査は主に企業が単独で行うものではなく、コンサルティング会社等に依頼をして行うものです。これはES調査で出た結果を元にコンサルティング会社等がどこを改善すればよいのか、経営課題となるのかを確認して企業価値を高める為にはどのようにすれば良いかを提案します。ES調査では近年ワークバランスとの関連性も高いといわれています。組織における従業員の満足度いわゆるESとワークライフバランスの満足度が高い組織では離職率が低いデータが出ており、優秀な人材を組織に定着させて企業価値が高まる傾向にあります。ES調査の結果を踏まえて理想のビジョンや状態にするにはどのようにすれば良いかが明確になるので、利用するメリットはありますし、また定期的に行う事でES数値の変遷を見る事も大きなポイントとなります。